【Metaverse Game Hub DAO】ゲームと不動産を組み合わせたMGHプロジェクト

「Metaverse Game Hub DAO(MGH)」の「ブロックチェーン」「NFT」「不動産」「ゲーム」を組み合わせたプロジェクトが開始されます。

これがどのようなプロジェクトなのか解説していきます。

目次

Metaverse Game Hub DAO(MGH)プロジェクトとは

MGH - Metaverse Game Hub DAO

Metaverse Game Hub DAO 公式サイト

Metaverse Game Hub DAO(MGH)とは、The SandBoxのLAND(土地)取得・開発に焦点を当てたプロジェクトです。取得した土地にゲームを開発することで、より多くのプレイヤーに楽しんでもらうことを目的としています。

※赤い点がMGHが所有している土地

The SandBoxのLANDは有限であり、LAND購入者が増えることで稀少性が上がっていきます。その土地にたくさんのプレイヤーが集まることでさらに価値が高まっていき、企業より広告の依頼が来るようになれば不動産収益のような利益をもたらすことができます。

多くの土地を取得し、その土地にストーリ性を持たせたゲームを開発することでプレイヤーに提供します。

ゲーム内ではアイテムや武器などをNFTとして作成することができ、そのNFTは別のゲームへそのまま持っていくことが可能です。NFTは仮想通貨ウォレット(メタマスクなど)へ保管することもでき、個人間で他人に売買することも可能となっております。MGHはゲームの作成だけではなくそういったNFT商品を作り出し、販売し、収益を確保していきます。

このように不動産収益だけではなく、自ら多くのNFTを作成し収益を生み出します。

将来的にはThe SandBoxだけで収まらず、その枠を飛び越えて自らのプラットフォームを所有してゲームの提供をすることもプロジェクトの一つとして目標とされています。

MGHはMyRealityDAO(MRT)というゲーム開発会社と強力なパートナーシップを結んでおり、MGHが取得した土地はMRTによって開発されたゲーム、NFT、建物などの作成を行っていきます。その土地に何を作るのか、どのようなゲームを作るのかなどの決定権はMGHにあり、その決定はMGHトークンを保有している人たちが投票によって決めることができるようになります。

DAOとは「自律分散型組織」という意味で、組織内の階層構造もなく自律的に運営されているのが特徴です。そのためDAOには管理者がおらず、組織としてのあらゆる意思決定や実行、ガバナンスは構成員の合意によりあらかじめ定められたルールに従って執行されます。つまり、MGHトークンを持っている人たちによって様々な決定を行うことができます。

MyRealityDAOとは

MyRealityDAO公式サイト(作成中)

MyRealityDAOとは、CEOのQuoc Bao ngoが率いるゲーム開発会社です。The Sandboxのプラットフォームを利用し、ゲームを開発することでより多くのプレイヤーへ提供することを目的としています。

The Sandboxとは、ブロックチェーン技術とNFTを組み合わせたプラットフォームです。LANDという有限な「土地」が提供されており、クリエイターはLANDを購入することで、プログラミングの知識がなくてもGame Makerというツールを使用すれば誰でも簡単にゲームが作れてしまいます。

MyRealityDAOは、独自のプログラムを所有しているため上記画像のようなワールドを数分で作成することができます。ワールドの作成だけではなくアイテムや武器などの作成、そしてストーリー性を持たせたゲームを現在開発しています。

MGHとパートナーシップを結んだことで、MyRealityDAOが作成した商品はMGHで活用されます。

MyRealityDAOの運営者

Quoc Bao ngoはMyRealityDAOのCEOです。

MyRealityDAO運営者とは直接ZOOMで会話させてもらい、このプロジェクトがどういったものなのか、どのようなスポンサーがついているのか、今後の方針などについて話し合いました。運営の顔がしっかり出ているため、信頼におけるプロジェクトです。

Quoc Bao ngoはゲームの開発に誰よりも情熱を注ぎ、日本の文化やアニメが好きであるそうなので、日本に関連したワールドも今後作成していただけるそうです。

※上記画像「富士山」

MGHトークンのパブリックセールが開始される

Metaverse Game Hub DAOが発行するガバナンストークン「MGH」は、イーサリアムベースのERC-20トークンであり、総供給量は1,000,000,000枚となっております。

MGHトークンを保有することで投票による様々な意思決定に参加することができ、MGHトークン所有者へ報酬を与えるいくつかのインセンティブが計画されています。

MGHトークンを安く買いたい方は、パブリックセールに参加することで購入することができます。購入方法の詳細はまだ発表されていないため、分かり次第更新していきます。予定では7月頃となっております。

MRTトークンとは

MRTとは、MyRealityDAOが発行しているトークンです。MRTを所有しているだけで、MyRealityDAOが得た利益から将来的に配当を受ける権利を得ることができます。いわゆる株式のような役割です。

MRTトークンの発行は、すでに先行販売が行われていますが6月下旬に再度販売される予定となっております。有価証券に値するため、法律的に問題ないよう準備が進められています。

まとめ

Metaverse Game Hub DAO(MGH)とは「ブロックチェーン」「NFT」「不動産」「ゲーム」を組み合わせたプロジェクトです。The Sandboxのプラットフォームを利用し、ゲームを開発することで多くのプレイヤーへ提供することを目的としています。

MGHは、MyRealityDAO(MRT)と強力なパートナーシップを結んでおり、MGHが取得した土地は基本的にMRTがゲームの開発、建物・NFTの作成などを行います。

将来的にはSandBoxのMetaverse(仮想空間)だけではなく、様々なMetaverseへ展開していくプロジェクトとなります。

MGHの情報を手に入れたい人はLINEオープンチャットに参加して下さい👇

オープンチャット「MGH👑MRT👑ICO♣️」

コインチェック

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

Ryohuのアバター Ryohu 仮想Coins管理人

2017年から仮想通貨投資を始めました。
仮想通貨全般の個人的に気になるニュースをピックアップして、初心者でも分かりやすいようなブログを目指しています。

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

目次
閉じる