仮想通貨FIOの将来性とは?誰もが一般的使われるようになるシステム!

今回は「仮想通貨FIO」についての可能性について説明していきます。FIOの導入が加速することで、より仮想通貨が扱いやすいものになっていく、そんなプロジェクトです。

目次

仮想通貨FIOの価格

FIOが取引できる取引所は上記画像の通りです。BINANCEでは、FIOをNFT銘柄という扱いで取引されています。

NFTは最近注目を集めており、有名どころで言えば「ENJ」や「CHZ」などがあります。NFTは全体的に価格の暴騰が続いており、FIOは現在25円(2021/3/14)であるため、そのうち資金がまわってこり、これから上がっていく通貨だと個人的に思っています。

NFT銘柄の価格を見ると平均3桁~4桁の価格が多いため、FIOは2桁で収まるほど安い通貨だとは思えません。

これからFIOの将来性について解説するので、興味を持った方は購入してみる検討をしてみてください。

仮想通貨FIOとは

FIOはブロックチェーン上でのやり取りをより簡易化させるためのプロジェクトです。従来の送金方法では複雑なアドレスを使用し、分かりにくい工程を踏んで、送金による間違いが起こりやすく、資金が消滅するという恐れがあります。

そのような問題を解決するために、FIOは利用されようとしています。FIOができることを細かく説明しいきます。

FIOアドレスが取得できる

FIOを利用するには専用のメールアドレスを作成します。「ユーザー名」@「ドメイン」で生成されたメールアドレス宛に仮想通貨の送金を行うことができます。仮想通貨の種類問わず、すべて送金することができます。

送金先が視覚的に読み取りやすくなるため、送金間違いが減少します。

FIOリクエストが利用できる

FIOリクエストを利用すると相手に仮想通貨の種類と金額の指定した「請求書」を送ることができます。

従来の送金方法では、指定されたウォレットまたは取引所へログインし、送金アドレスの確認をしたり、ネットワークを指定、送金の反映がされたのかなど、いろいろ確認しなくてはいけなかったがFIOを利用すれば一つのアドレスですべて事足りてしまうため、仮想通貨の取引は一層シンプル化されます。

FIOデータの活用

相手とのやり取りは暗号化されているため、取引している人以外が読み取ることはできません。

FIOを利用して取引をすると仮想通貨と一緒に「メタデータ」を添付することができます。たとえば、簡単なメモ書きや請求書の詳細など添付して一緒に送受信することができます。

送られてきた通貨が何なのか、送った通貨が何のための通貨なのか、メタデータを活用することで詳細に知ることができます。

FIOの今後の展開

FIOプロトコルは今後、様々なウォレットや取引所に導入されていきます。FIOが導入されることで、仮想通貨の種類に関係なく一つの「アドレス」宛にすべて送金を行うことができ、シンプル化されます。

ブロックチェーン技術がより一層使いやすくなるために、FIOは必要なものであることは間違いありません。

仮想通貨だけではなく、NFT化されたデータもFIOを利用して送信することも今後予想されます。

私たちが普段メールアドレスを使用するようにFIOを利用してメールアドレスを取得し、ブロックチェーンの技術を当たり前に使用するものになっていくかもしれません。今後の発展に期待です。

FIOを購入するにはBINANCEがおすすめ!

バイナンス

まとめ

FIOは仮想通貨の取引を「シンプル化」するためのプロジェクトです。

現在の送金手順は難しいものとなっており、送金アドレスは複雑で、一つ間違えば資金が消滅してしまう恐れがあります。そういった問題を解決するために、多くの取引所やウォレットがFIOの導入に向けて動いています。

NFT銘柄が急騰しているなか、BINANCEではFIOをNFT銘柄と取り扱っているため、今後資金がFIOにまわってくる可能性が高いです。

今後ブロックチェーンが一般的に使用されるのにFIOは必要不可欠なものだと個人的には思っています。

FIO公式ページ

コインチェック

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

Ryohuのアバター Ryohu 仮想Coins管理人

2017年から仮想通貨投資を始めました。
仮想通貨全般の個人的に気になるニュースをピックアップして、初心者でも分かりやすいようなブログを目指しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる